肌老化の主な原因のひとつは酸化。
そこで、
抗酸化物質が豊富で、酸化しにくい植物油のココナッツオイルに注目。
100個のココナッツからわずか1リットルしかとれない
ナイジェリアの極上のエキストラバージンココナッツオイルで、
究極のエイジングケアコスメを作りました。

こだわり抜いた、極上のエキストラヴァージンココナッツオイル

全ての化粧品がそうとは言いませんが、世の中には、
「既に酸化しているオイルで作られている化粧品」や「製造工程で酸化してしまった化粧品」があるのも事実。

そんな中、酸化しにくい飽和脂肪酸が90%以上を占めるのがココナッツオイル。

酸化しにくいだけでなく、
飽和脂肪酸の中の中鎖脂肪酸には、ラウリン酸が豊富に含まれているのも特徴です。

ラウリン酸とは、母乳にも多く含まれる成分で、
抗酸化力と高い免疫力、抗菌性、抗炎症などの作用があります。

それだけでなく、湿疹、にきび、ヘルペス、水虫などの細菌が原因の肌トラブル、
やけど、紫外線のアフターケアなどに効くことが証明されています。

更に、美容効果抜群のビタミンEも豊富です。

皮膚の血行促進や、高い保湿力、シミ、くすみを予防してくれることが分かっています。

アンチエイジングに欠かせない成分たっぷりなのがココナッツオイルなのです。

そんなココナッツオイルの中でも最高なもので化粧品を作りたい・・・
そんな時、ナイジェリアのバダグリーで出会うことができました。

一般的に流通しているココナッツオイルの原産国である東南アジアのココナッツの多くは、
人の手が届きやすいところに実がなるよう品種改良し、木を短くしています。(写真:上)

一方、ナイジェリアのココナッツは人工的に栽培されていないので、
もちろん農薬不使用、品種改良などされていません

正真正銘のオーガニック=ワイルドクラフト
だから、太陽に向かって高く育ち(写真:下)、
過酷な自然環境で育ったからこそ、
本来植物が持っている栄養分が、豊富で有効成分のバランスが整っています。

ココナッツオイルの抽出方法も、
一般的な発酵分離法、遠心分離法、乾燥圧搾法、一貫低温工程などとは異なる、
ナイジェリアに古くから伝わる伝統的な方法で抽出しています。

①ココナッツ栽培地から採取したココナッツを粉砕し、
果肉から熱を加えることなく時間をかけてプレスし、
搾取したミルクを水に投入し、オイルが自然に分離するのを待ちます。

②そのオイルを取り出してガーゼでろ過し、不純物を取り除いたものをじっくり養生して、
余剰な水分を蒸発させるとココナッツオイルが完成します。

加熱されたココナッツオイルは有用成分量(オイル以外の不純物)が少なく、
肌への刺激は少ないですが、ココナッツオイルが持つ本来の有効性を活かしきれません。

オイルの力を十分に生かすことができるのが、この搾油方法なのです。

更に、ココナッツオイルが持つ本来の有効性を活かすために、
それぞれのアイテムに適した製法で、日本人の肌に合わせて日本の製薬会社製造をしているのも、
naturancoco®のこだわりのひとつです。

商品ラインナップを見る

子供も安心して使える、肌に優しい成分

naturancoco®のすべてのスキンケアアイテムは、
主成分のココナッツオイル以外にもすべて食用素材(※1)で作られています。

ココナッツオイル本来の良さを活かすため、アイテムに合わせた最低限の成分しか使用していません。

もちろん、パラべン、アルコール、合成着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は、いずれも不使用です。

お子様からお年寄りまで老若男女問わず、健やかな肌でいたい全ての方(※2)におすすめいたします。

(※1)本品は化粧品ですので食べられません。口に入れても安全という意味ではありません。
(※2)全ての方にアレルギー反応が出ないというわけではありません。

正真正銘のオーガニック=ワイルドクラフト

現在、日本にはオーガニックコスメのきちんとした基準はありません。

そのため、オーガニックコスメの定義はメーカーや団体によって様々です。

有機栽培の植物成分が一つでも入っていたらオーガニックコスメとうたい、
他の原料はケミカルなものを使用…というコスメもあるのが現状です。

ワイルドクラフトも現状きちんと定められた定義はありませんが、
肥料を一切使わず、無農薬に徹底的にこだわり、
自然栽培に適した自然環境と自然界のバランスが何よりも重要となる、自然と共生した天然農法。

植物の持っている力を最大限に引き出すことができ、
オーガニックよりも更に安全、更に地球にやさしい農法と言われています。

そんなワイルドクラフトのココナッツから抽出されたココナッツオイルを使ったnaturancoco®では、

皆さまに安心して使っていただけるよう、
本当に肌に優しい成分のみで、本当に肌にいいコスメを作るために、独自に定義を作りました。

①人の手が加わっていないこと
農薬不使用で、品種改良などされていない、
人の手が加わっていないココナッツを主原料とします。

②自生しているものであること
海岸沿いに自生する原種のココナッツを主原料とします。

③配合成分は食用素材であること
ココナッツオイル本来の良さを活かすため、アイテムに合わせた最低限の成分しか使用しません。
もちろん、パラべン、アルコール、合成着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は、いずれも不使用です。

ワイルドクラフトの植物は、本来持つ栄養分や有効成分が整っているので、
肌本来の力を引き出してくれるのが最大の特徴。

まだまだワイルドクラフトのココナッツが多くとれないために、どうしても大量生産が難しく、
一般的な化粧品やオーガニックコスメと比べると値段が上がってしまいますが、
原料から製法まで全てに徹底的にこだわりぬいたnaturancoco®で、
自然のパワーを感じていただけると確信しています。

商品ラインナップを見る

フェアトレードであること

ココナッツの栽培、輸出はナイジェリアの国の中枢を担っています。

ココナッツの栽培は、農業立国であるナイジェリアにとっては重要な産業です。

採取したココナッツを用いて、殻は食器やスパチュラのような化粧用具、
果肉の繊維質はボディスポンジとして加工し、搾取したオイルと一緒に輸入することを計画しています。

これらの取り組みは、現地の雇用促進、オイル搾取後の産業廃棄物を出さない環境配慮型事業として、
ナイジェリア大使館協力のもと、行う計画です。


(ナイジェリア大使館発行の広報誌にも掲載されております。)