COLUMN

雪山での日焼け対策

すっかり寒くなり、スキーやスノーボードなどウィンタースポーツを楽しまれる方も多くなってきたかと思います。

きちんと雪山での紫外線対策はできていますか?

アスファルトの紫外線反射率は10%と言われていますが、

新雪での紫外線反射率は80%と、なんと8倍!
(http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-76uvindex_mini.html)

地表面で反射された紫外線の一部は、大気等で再度散乱されて地上へと向かうので、

反射率の大きいところでは、散乱する紫外線が多いということになります。

 

株式会社decenciaが行ったゲレンデでの紫外線カットのアンケートで、

年間で1回以上ゲレンデに出かける女性のうち、

32%が日焼け止めを全く塗らない、または塗り直さない、

83%がゲレンデで日焼けをしてしまった経験があるという結果になりました。
(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000002987.html)

この結果から、冬場は日焼けしないと思っている方が多いことが分かりますね。

 

米国皮膚科学会では、老化の80%が紫外線(光老化)による影響だと考えられています。

紫外線を浴びることにより、皮膚の中で活性酸素が生まれます。

よく耳にする活性酸素は、細胞の遺伝子を傷つけ、乾燥やしわ、たるみなどを作る、とても怖いものなのです。

日焼けは、炎症反応です。

やけどと一緒です。

 

日焼けして後悔してしまう前にきちんと日焼け止めを塗って、

紫外線対策をしっかりしましょう!

それでも、日焼け止めを塗り忘れてしまった!など、

日焼けしてしまった場合はすぐにケアしてあげることが大事です。

 

少しでも炎症を抑えてあげるためには、

 

①冷やす

保冷剤をタオルに、包んで火照ったところにあててあげましょう。

 

②保湿

水分が奪われ乾燥しているので、しっかり保湿をしてあげましょう。

naturancoco®のface creamを冷やして使うと、冷やす、保湿、両方の効果が得られるので、オススメです。

 

ココナッツオイル自体に抗炎症作用があるので、保湿効果があるので、

ココナッツオイルたっぷりのface creamは日焼け後のケアに最適なんです。

冬でも気を抜かず、日焼け対策をして、肌を労わってあげてくださいね★

そんなface creamが今なら、税込み、送料込みで¥6,980!

バレンタイン特別セールを開催中です!

詳しくはこちら

 

女性だけでなく男性ファンも多いアイテムなので、
プレゼントにもご自身のご褒美にも✨

 

是非この機会をお見逃しなく🌸

 

【関連記事】
うっかり日焼けにご注意

車での日焼け対策&アフターケア

紅葉はお肌の保湿強化のサイン

秋バテを改善