COLUMN

うっかり日焼けにご用心

日焼け止めを塗らなくても、長袖を着ていれば焼けないと思っていませんか?

そんなことはありません!!!

夏用の衣類は涼しくするために薄い生地が多いので、

紫外線をかなり通してしまいます。

いつの間にか出来ていた背中や肩のシミの原因は、

実は知らなかった気付かなかった日焼けかもしれません💦

紫外線のダメージを受けた肌は乾燥し、

肌のバリア機能が低下してしまいます。

十分に保湿されていれば、肌のバリア機能がきちんと働いているので、

紫外線のダメージを軽減することができます。

とは言え、背中や肩は中々自分では気づきにくく、ケアもしにくいところ。

誰かに塗ってもらえる環境があればいいですが、

一人暮らしや体が硬いなど・・・

背中は届かないからいいやと思ってしまいますよね。

 

そんな時は、手のひらではなく「手の甲」を使うと綺麗に塗れますよ✨

①クリームで肌を整えた後、手の甲にクリームをのせ馴染ませます。

②腰のあたりから手の甲を背中に当て、腕を上下に動かせば、
手のひらでは届かなかった背中にちゃんと届きます。

それでもどうしても難しいという方は、

専用のグッズもあるようです🐈

 

オフショルダーや背中の開いている服、まだまだ水着を着る8月☀

背中のケアもお忘れなくっ♪

 

【関連記事】
冷やしたface creamでスキンケア

これから使えるメイクよれ防止テク

歩く道を変えて肌トラブルを回避

車での日焼け対策&アフターケア